TOP

株式会社ハウワイ

Now Loading...

Now Loading...

Now Loading...

BLOG

ブログ

ハウワイの商品開発の流れとは?

株式会社ハウワイマーケティング部の眞部です。

本日はECの生命線とも言える商品開発についてのお話になります。

 

多くの方々は、商品を開発するって、会社に研究所があって、そこで商品開発をしているのでは?といったイメージがあるのではないでしょうか?

※画像はイメージです

実は、会社にそんな研究所がなくても、商品は作れます。もちろん素人が勝手に作るわけではありません。

商品開発をする際は、製薬会社や専門の工場に作って頂くという形になります。

商品理解のために社内に専門の方が訪れて、講義してくれる事もございます。

 

まずは自社で、どういう商品を作りたいのか?どういった成分にこだわって商品を作るのか?どういうコンセプトの物を作るのか?などなど商品についてしっかり考えてから、依頼をします。

依頼したら、成分のサンプルなどが届きます。

刺激が強くないか?効果が実感できるものはどれか?匂いはどうかなど?安全面はどうなのか?などなど検討段階に入ります。

送ってもらったサンプルだけでは決まらない事が多いので、何度も何度もサンプルを送って頂き、こだわってこだわって納得いったものをチョイスしております。

※まつ毛美容液の成分実験1か月使用

成分実験の間に、容器などを選びます。

使いやすさだったり、デザイン性だったり、商品イメージだったりを考えて容器選び。

最後に、液漏れなどおきないか、箱がつぶれやすくないか、なども検証して、試作品1号の完成になります。

ここまでいったらモニター実験に入り、満足度が高ければ商品化と言う形になります。

早ければ半年、長ければ1年以上の歳月がかかる事も。とこのようにしてハウワイの商品は作られていきます。

 

魔法の美容液開発中

先日、お取引のある工場の方に訪問して頂き、某成分についての講習会が行われました。正しい知識を学び、よりいい物を作るためには知識は絶対必要です。

その際、現在商品開発を進めている魔法の美容液の実演が行われました。

弊社社員ほぼ全員がこの魔法の美容液を使用して、効果実験を行ったのですが、これがまたすごい結果に。

顔の半分だけ美容液を塗って検証。たった1回で口角もあがって、顔もシャープになっているのがおわかり頂けますでしょうか?

こちらは弊社社員のビフォーアフターですが、フェイスラインキュッとひき上がっているのがわかります。フェイスラインがひきあがるだけでもかなり若々しく見えますね。

まだまだ施策の段階なのですが、驚きの効果でした。

商品化にはまだまだかかりそうですが、商品化した際にはもっともっといいものになっているはずです。

 

今回はハウワイの商品開発の流れについてでした。
最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

株式会社ハウワイ
マーケティング部担当 眞部